カスティーリャ、栗東での初追い切り

6日は栗東坂路で追い切りました(55秒0-39秒3
-25秒5-12秒6)。
クラブコメントで橋口師は、余裕のある手応えで追えば
まだまだ動けそうな感じ、とのことでした。

大体、まだこの時期は体がパンとしっかりしていない馬
が多いので、軽く追い切ってその後放牧というパターン
なのです。なので、在厩のままレースへ向けて仕上げて
いけるというは、ホント大したものだと思います。

もちろん、急いで走らせてダメになる馬も居るのですか
ら、何でも早期デビューが良いことではありません。

本馬については、2歳戦からしっかり稼いで頂けるので
あれば、今の自分にとってはハッピーです。

おそらく、クラシックの距離では用無しだと思うので、
マイル以下路線にて活躍して貰えたら嬉しいです
地元小倉競馬の2歳重賞なんか走ってくれたら最高です。
それまでに、観戦可能になっていればいいな~。