ラクンパルシータ続戦模様

13日は軽めの調整を行いました。
今日のクラブコメントでは、このまま在厩で調整をしてみる
ことになったようです。このまま手元で探って、疲労がある
のなら放牧に出すでしょう。

トモ脚のことがある馬なので、厩舎の特に厩務員さんには苦
労をされているみたいです。自分からみれば、本当に有難い
ことだと思います。他の馬たちよりも時間は掛かるかもしれ
ませんが、能力はある馬だと思いますので何とか素質を開花
して貰えればなぁ~というところです。

厩舎との相性というのもあるのでしょうが、ラクンパルシー
タにとっては、この上ない厩舎でありますようにと願うばか
りです。