ジュモーの16とアブソルートリーの16

昨日夜までのNo.1は、ジュモーの16でした。
ジュモーの16については、クラブから測尺の訂正が入
りましたね。別にカタログや動画あるいは測尺を見て、
気に入らないところを発見した訳ではありません。

どちらかと言えば、毎年の如く浮気心ってやつですね。
その浮気相手は、実は同じ予定厩舎馬なのです。
たぶん、人間社会で云えば同じ会社でということになる
のでしょうか。

今年はダイワメジャー産駒が一番良駒が揃っていると
思い、この中から一番良い馬を獲得するのがいいので
はないかと考え始めたのが、あいつとの切欠でした。

で、浮気相手のアブソルートリーの16というのが、これが
じつにイイ馬なんです。馬体の見栄え、動画での動き、
そして測尺と何ひとつ文句の付けようがありません。

ただひとつ、あいつはクラシック路線では距離に限界が
あるダイワメジャー産駒なので、POGとかで騒がれること
は無い筈です。それで11万円はお高い馬だと思います。
しかし、PDFを見れば見る程欲しくなるこの熱い想い。

本妻のジュモーの16は、さ来年のクラシック候補です。
できれば、ジュモーの16とアブソルートリーの16の両方
をこの手に入れたい!

けれども、おそらくそれは叶いません。だってキャロだから。
嫁さん(現実のほう)もキャロット会員なら、両方に最優先
を使うことはできますが、残念ながら×なしの最優先が
1つあるだけという、ごく平凡な家庭を持つ男なのです。

どちらかを一般に回して、ほぼハズレを引くのなら、もっと
確実に獲れそうな良い仔を選ばないと、資金の乏しい自分
に生き残る道は許されてはいないのがこの世の現実。

ジュモーの16とアブソルートリーの16の両方を天秤に
掛けた場合、それはもうアブソルートリーの16の勝ちなの
です。本妻と浮気相手なら、浮気相手を優先するのは
今も昔もたぶん変わらない男の行動だと想像するのです。

もし、これが先にアブソルートリーの16と結婚していれば
状況はまた変わっていたのかもしれません。

もしかしたら、一周回って来週末にはジュモーの16へと
気持ちが戻っているかもですが、まぁそれはそれ。
あくまで馬の出資話ですものね。

それにしても、募集馬カタログまだかな~。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のどか
2017年08月25日 17:19
以前アマルフィターナはどうするんですか? と質問されたものです。今回は見送ることとします。その理由ですが、その理由を書くとなぜか弾かれんですよねぇ。
最初はかなり長い文章で、次に文章を1/3くらいに。最後は2行くらいにまとめましたが、それでも弾かれました。
そんなわけで、理由は割愛します。

この記事へのトラックバック